第17回全国バスマップサミット岡山 開催のご案内

第17回全国バスマップサミット岡山 開催のご案内

~「あの岡山から、バス情報の未来」~

日時 令和1年12月14日(土)13時~17時

会場 岡山市勤労者福祉センター(〒700-0905岡山市北区春日町5-6 086-233-8311)

2018年、バス新規路線参入を契機にして全国から注目を集めた岡山は、各方面別にバス事業者が頑張っており、一方でJR路線は8方面に延びるなど新幹線駅と相まって交通結節点として公共交通の可能性は高い。また路面電車の駅前乗入れやJR吉備線ライトレールなど、電車・バスをめぐる動きも加速している。こうした中で市民団体ラクダは路面電車環状化による都心核形成を目的に結成されたが、いち早く全バス会社路線を掲載するバスマップを制作開始し、全国の市民団体に呼びかけてバスマップサミットを開催した。

一方岡山では、競合するバス会社のバスデータオープン化では先端を走っており、電車バス網も比較的まだ充実している。電車バス・自動車自転車徒歩というすべてを自由に使い回すMaaSを実現するには、最適な環境とも言える。また道路交通の交通シミュレータの世界でも、継続して取り組みが進んでおり、今後バスマップなどの公共交通データとどう連携していくのかも注目した。こうした中でバスマップとパス情報はどう展開して社会貢献していくべきなのか、議論をしていきたい。

 

★本会議プログラム

基調報告1  オープンデータ、先進都市岡山!   トラフィックブレイン代表取締役社長    太田 恒平

基調報告2  交通シミュレータによるコントロール 東京大学副学長・教授           吉村忍

基調報告3  バスマップから始まった人間中心まちづくり 国土交通省道路局国道・技術課分析官 牧野 浩志

基調報告4  岡山市公共交通網形成協議会の現状  岡山市都市整備局次長(都市・交通部長兼務)平澤 重之

シンポジウム 「バス情報からまちづくりへ、バスマップの新展開」

★懇親会  12月14日(土) 18:30~20:30 会場:「グランス」glance (岡山市北区錦町3-4 2F) TEL:086-227-2323

会費 ¥5,000

★現地視察 12月15日(日)瀬戸芸アクセスマップを使った観光の可能性を模索

10:00  両備バス西大寺営業所集合、車庫見学など

11:45  牛窓行き南回り乗車、牛窓自由解散、邑久方面からJR乗り継ぎ、

犬島観光、瀬戸大橋バス乗り継ぎ等

犬島精錬所美術館観光、瀬戸大橋バス乗り継ぎなど設定可能

★参加費 2,000円

★参加者 全国から市民団体、大学、事業者、コンサル、行政関係など100名

★各地のバスマップ・資料展示 A0版 841×1189 20スペース(事前にお申込みください)

 「全国バスマップサミット」とは

①2003岡山 ②2004福井  ③2005松江 ④2006仙台 ⑤2007広島 ⑥2008新潟

⑦2009沖縄 ⑧2010東京 ⑨2011弘前 ⑩2012札幌 ⑪2013高松 ⑫2014関西

⑬2015松山 ⑭2016横浜 ⑮2017山梨 ⑯2018熊谷

地域の全バス路線を網羅するバスマップを作成・発行する、市民団体等で構成される「全国バスマップサミット実行委員会」の主催により2003年に岡山で産声をあげてから毎年開催、今年で17回目を迎える。

札幌から那覇まで全国各地で開かれ、市民団体、行政、交通事業者など毎回100名の参加者がある。バスマップ作成のノウハウ、バスの待合環境の改善方策、バスの啓発手段、ネットによる情報提供などについて活発な情報交換が行われる。2010年には「バスマップの底力」を刊行、マップ制作における技術指針の提示やその普及方策、外国諸都市のバスマップの紹介など、公共交通関係者に対して大きな影響を与えた。近年はMaaSの基礎の「標準的なバス情報フォーマット」など新たな展開を迎えている。

参加お申込み方法:

・Peatix の「第17回全国バスマップサミットin岡山」 イベントページ からお申込み頂くか、

お申込書 をダウンロードのうえ、必要事項を記入のうえ、 FAx は086-224-0537宛、メールは okj165@poppy.ocn.ne.jp 宛お送りください。

  

INDEX


岡山駅バス時刻表