2020年 10月

岡山市の路面電車環状化を目指してRACDAが設立されて、10月1日で25周年を迎えます。今年は滝沢バスマップサミットが開催できませんが、昨年の岡山サミットでの出会いを継承し、昨年サミットの20代バスマッパー達による報告会をはじめ、コロナ禍後の社会も見据えた交通情報のありかたまで議論しました。参加者は北海道から沖縄まで約40名。動画と資料を公開します。

2020-1025 バスマップZoom会議動画 約3時間

ご挨拶  岡將男 会長 「RACDAの25年とバスマップ」

■若手20代のバスマップセッション

13:05 森屋一成   オフセット祭

13:15    不破泰成   バスマップとデザインソフトとスクリプト

13:25    神場雅史   バスマップのデザイン

13:35    あなぐら   Mapboxはいいぞ  API Reference | Mapbox GL JS | Mapbox

13:45    青木優汰   八千代市での悪戦苦闘

13:55    こめ     UnoMapのその後とこれから

14:05    TRANSPASS TRANSPASSについてと今後の展望

TRANSPASS  地図のページ  Twitter 

14:15    小林佑也   東海地方におけるシームレスなバスマップの取組み

■ベテランバスマッパーたちの奮闘

14:25    佐野一昭   アメリカのバス事情 路線図、スマホホアプリ、コロナ対応、地下鉄などの路線名

14:35    林博     NaviTabiのりのりマップでロゲイニング  NaviTabi LLC

14:45    田中隆一   松江市コミバスをグーグルマップで検索できるように!

14:55    伊藤浩之   名古屋・路線図ドットコム

■大いに語る、バス情報の未来

バスマップのDiscord「WeTRADiA」の招待リンク バスマップ若手の討論の場です

コロナ禍での全国の地域公共交通崩壊が現実のものになる中、我々全国路面電車ネットワークでは4月以来Zoom会議を35回開催し、学識者・市民・交通実務担当者から国会議員まで46人が自由に議論して、具体策と制度の提案を検討しました。今後提言を実装化するべく、国会・国土交通省、コロナ支援を行った多くの自治体への働きかけを開始します。11/16

2020-1115コロナ禍後の地域公共交通の方向性ver22・確定pff 10/6起草終了

同・用語解説pdf  賛同団体・協力団体名簿10/27pdf  全国NWパワポ資料11/16pdf
岡山記者発表資料pdf 11/20発表

「地域公共交通支援求め提言書、市にRACDA」 新着 11/21  山陽新聞社提供

「路線バス網維持へ早期の公費負担を 岡山のNPO提案」 11/21記事 日本経済新聞
「地域公共交通支援求め提言書、市にRACDA」

全国路面電車ネットワーク

コロナ禍の影響で、かねてから危惧されていた地域公共交通の存続の危機が鮮明になった今日、大都市への極度な集中を是正し、地方分散の推進、出生率の増加、地域強靭化のためには、地域における良好な公共交通サービスを基礎とした安心して暮らせるライフスタイルの提供が必要。

- 公共交通の運賃収入は、大幅減収の見込み。高速バス・観光バスによる内部補填も、見込めず、各事業者はコストダウンから、減便・路線廃止を本格化。

- 公共交通は、医療、教育等とともに地域を支えるインフラ。通学生や免許返上した高齢者等の日常生活の足の「交通崩壊」は地域社会崩壊に。

- 観光の国内需要喚起にも地域公共交通は不可欠。

 

1.早期に実施すべき具体的方策

①小中高校生の通学時公共交通利用の公費負担による子育て支援(事業者の割引負担軽減)。

②バリアフリーに関する費用の全面的な公費負担化(医療・介護費の軽減)。

③公共交通のデジタル投資(オープンデータ、キャッシュレス化の運営コストを含む費用)の全面的な公費負担化(接触軽減と運転手の保護)

④公費助成による乗継(鉄道・バス・タクシー等)も含めた運賃軽減(需要喚起、MaaSの有効活用)

―  訪日外国人旅行者受入環境緊急対策予算等をグリーンリカバリー施策として活用

 

2.短期間で創設すべき制度の提案

①地域に必要であるが採算性が厳しい公共交通について、地方自治体が路線・運行計画を主体的に決定できる枠組とそのための人材育成の制度(国)

②上記を可能とする市町村の公共交通費用負担(予算規模はおおむね一般会計の1%程度)を想定した施策と、そのための財源措置(地方交付税等)。

③域内交通のサービス・運賃等の総合調整機能を有する組織の創設(交通連合等)

 

3.検討を開始し、5年以内に改正すべき制度

①地域公共交通の運営の領域分化と官民の責任分担の明確化

― 採算が確保できる商業サービスと、公共的に供給するサービスの切り分け。

― 公共サービスと見なす区域・路線については、公共サービス義務(PSO)と位置付け、自治体がサービスに責任を持ち、事業者がこれを受託等、契約で運行する形。

― 鉄道の上下分離は官民の機能分離とし、公共サービス義務(PSO)の下で積極活用。

②上記を実現する関連事業法の改正と充分な予算措置

― 交通政策基本法、地域公共交通活性化・再生法の趣旨を各事業法に反映。

以上

 

補足・提案の意図と背景

現況では、各交通事業者に対し、地方創生臨時交付金を活用した地方自治体による支援や、国主導のGOTOトラベルなどの支援策が実施されているものの、依然として支援を実施していない自治体もあり、利用者減の回復もなかなか進んでおらず、公共交通の危機は続いております。

そこで、「1.早期に実施すべき具体的方策」、「2.短期間で創設すべき制度の提案」、「3.検討を開始し、5年以内に改正すべき制度」の3つに分け、合計9項目を重点施策として提案することとしました。

この提案を新交通システム推進議員連盟および国土交通省をはじめとする各省庁、内閣、地方自治体や経済界などに働きかけていく予定です。まずはホームページで公開し、賛同団体を募る予定です。

全国路面電車ネットワーク運営委員長 NPO法人公共の交通ラクダ・岡山 会長  岡 將男

問い合せ先:okj165@poppy.ocn.ne.jp

■交通政策基本法改正と国土強靱化について、11/20衆議院国土交通委員会通過の資料 (11/23補足)
2020-1120交通政策及び国土強靭会に関する決議
2020-1120交通基本法等改正案概要
2020-1120交通政策基本法等改正案要綱と法案
2020-1120交通政策基本法等改正案新旧対照表

 

 

下記イベントの詳細は リンク から御覧下さい

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム  10月11日(日)

10月11日(日)なんでも井戸端会議10:55~12:10  

「地域が見える、便利なのりものマップ教室」 RACDA担当

RACDA25周年記念 バスマップZoom会議     10月25日(日)13:00-15:00

「RACDAの25年とバスマップ」

■若手20代のバスマップセッション

■ベテランバスマッパーたちの奮闘

■大いに語る、バス情報の未来

■15:0016:00   家飲み懇親会・RACDA25周年記念思い出を語る

バスマップ関係  Zoom会議のご案内(RACDA)

みなさま、コロナ禍で移動が制限された中、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

さて岡山市の路面電車環状化を目指してRACDAが設立されて、10月1日で25周年を迎えます。

今年は滝沢バスマップサミットが開催できませんが、昨年の岡山サミットでの出会いを継承するため、10月11日のくらしの足全国フォーラム内の井戸端会議で、バスマップについての部屋を設けます。

全体の参加はホームページから申し込み下さい。また下記URLからも入れます。一応参加申し込み下さい。

さらに25日にはRACDA25周年として、昨年サミットの20代バスマッパー達による報告会をはじめ、コロナ禍後の社会も見据えた交通情報のありかたまで議論していきたいと思います。2時間の議論のあと、家飲み懇親会タイムも設けたいと思います。

 

 

RACDA25周年記念 バスマップZoom会議     10月25日(日)13:00-15:00

対象、RACDA会員、全国バスマップ関係者、参加自由 定員100名 無料

参加方法  以下のURLをコピーしてクリック、RACDAホームページのZoom会議ページにも掲載

 

トピック: RACDA25周年記念・バスマップZoom会議 2020年10月25日

Zoomミーティングに参加する RACDAホームページ「RACDA幹部会Zoom会議」に掲載します

https://us02web.zoom.us/j/84115155804?pwd=M0Y2bUE4MmUrRnRyMHZBREs5NW9Sdz

ミーティングID: 841 1515 5804

パスコード: 881824

市内番号を検索: https://us02web.zoom.us/u/kdxwqBun4H

 

ご挨拶  岡將男 会長 「RACDAの25年とバスマップ」

■若手20代のバスマップセッション

森屋一成       オフセット祭

不破泰成    バスマップとデザインソフトとスクリプ

神場雅史       バスマップのデザイン(仮)

あなぐら        Mapboxはいいぞ

青木優汰       八千代市での悪戦苦闘(仮)

こめ           UnoMapのその後とこれから

TRANSPASS TRANSPASSについてと今後の展望

小林佑也   東海地方におけるシームレスなバスマップの取組

■ベテランバスマッパーたちの奮闘

佐野一昭  アメリカのバス事情

林博    福井バスマップのチャレンジ、のりのりマップスタンプラリー(仮)

田中隆一  松江市コミバスをグーグルマップで検索できるように!

伊藤浩之  名古屋・路線図ドットコム(仮)

■大いに語る、バス情報の未来

■15:0016:00   家飲み懇親会・RACDA25周年記念思い出を語る

申し込みは、peatix申し込みページから 登録お願いします。

10月25日  「RACDA25周年記念 バスマップZoom会議」 参加   不参加

下記まで、メールいただきますよう、お願いします

okj165@poppy.ocn.ne.jp   090-3743-4778

氏名                    FAX 086-224-0537

Zoomシンポジウムのやり方、伊藤昌毅  (非常に参考になります、ホームページにURLあり)

https://note.com/niyalist/n/nfbea730cba0b?fbclid=IwAR3u8xlO-Lb01BgXyPN7TsMBdXeIxVZ17_sWrXNGHklIeMkzk6cr9DH9oKU

 

一方この状況下で、全国の電車バスなど公共交通は経営の危機に直面しており、我々全国路面電車ネットワークでは4月より毎週のRACDA定例会をZoom化して、全国の有志にお声がけして拡大して開催しています。9月までに25回開催し、合計40人ほどが公共交通支援制度の方向付けを議論しています。来たるべき臨時国会では、提言書の提出をめざして起草作業が進んでいます。ホームページに最新情報を掲載しております。検索 RACDA   http://www.racda-okayama.org/

———————————–以下は終了イベント———————————————-

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム  10月11日(日)

https://zenkokuforum.jimdofree.com/ 参加申込

10月11日(日)なんでも井戸端会議10:55~12:10  

「地域が見える、便利なのりものマップ教室」 RACDA担当

電車バスから自転車まで、いつでも便利に安く移動したい! バスはルートも時間も値段も乗り方もわからない、高くて遅れてバス待ち環境も酷い!電車とバスの接続がさっぱり分らない。言ってても仕方が無いから、自分たちで地域のバス停全部を見て、バスマップを作りはじめた、各地の経験を紹介。さらにスマホやICカードも駆使する時代にどんな「のりものマップ」を作れるのか、20代の取り組みなど。マップの可能性について議論しましょう。初めての方も気楽にご参加下さい。

バスマップ初心者にもわかるダイジェスト

1岡將男(RACDA会長)    なぜバスマップ作ったか

2松原光也(福井ROBA)    阪神広域バスマップ作成の意義

3青木優汰(日本大学理工学部学生)バスマップの悪戦苦闘

4佐野一昭(バス停情報研究家) アメリカのバス情報案内

5神場雅史(路線図作家)    シームレス交通マップ、若手バスマッパー

6伊藤浩之(路線図ドットコム) バスマップ総括

意見交換

トピック: 地域が見える、便利なのりものマップ教室(くらしの足・井戸端会議)

「視聴ご希望の方はpeatixからお申し込みください https://zenkokuforum2020.peatix.com/

———————————————————————————————————————–

NPO法人公共の交通ラクダ

700-0823 岡山市北区丸の内1-1-15 会長メール okj165@poppy.ocn.ne.jp   090-3743-4778

交通崩壊を防げ  https://covid19transit.jp/

JCOMM特設ページ https://www.jcomm.or.jp/covid19/

全国路面電車ネットワーク(RACDA) www.racda-okayama.org/

 


岡山駅バス時刻表