お知らせ

Twitterとりまとめサイト  新着 2021-1129

岡山市路面電車路線バス運賃無料DAY(11月28日 日曜日)が実施されました。まずは速報として、facebookの書き込み
11/28 予想以上の人出の多さに驚きました!岡山市がバス会社とタイアップして今日開催した、岡山市起終点のバス,路面電車運賃無料の社会実験は今だかつてない反響で、土日でも数人の乗車の我家付近の路線バスですら立ち乗客が出る満員状態、そして岡山駅バスターミナルにもバス待ち客の長い列… 私、一度乗ってみたいと思いながら今だに実現していない岡電の路面電車【MOMO】に乗りたく思い、乗場を観ると路上に食み出さんばかりの100名を超えるお客様…に加え【MOMO】が来るか運任せ!で、取敢えず並んで待つこと3便目に何と!金・黒カラーの最新の【岡山城ラッピングMOMO】が入線してくるではないですか! 実にラッキーでした! 見慣れた光景ですがMOMOの車窓から観る景色は何か新鮮でした! 終点の東山,東山公園遊園地は賑やかな子供達の声と共に多くのファミリーで賑わっており、参道の美しい紅葉を眺めながら 玉井宮にお参りをして、岡山駅に戻ろうとしてふと電車内にぶら下がる『岡山城下山陽道物語』のパンフレットが目に入り、急遽城下で途中下車 表町商店街で開催されている歴史探訪イベントで、商店街は見渡す限り人人人…同時に大道芸の第一人者による『岡山大道芸』が商店街の3箇所で開催されて黒山の人だかりで、とにかく今まで見たことのない人出に、今日のバス無料化の効果…(時間を気にすることなく楽しめる?!)取組み次第で市街地に人が集い賑わいがもたらされる事,可能性が実証された様に思いましたね! 帰りのバスも始発で満員、車窓から見える行き交うバス,路面電車も概ね満員状態で、驚きの今日でした!!そうそう、時間がある故、商店街を漫ろ歩きながら見つけた珈琲専門店「タータンチェック」の、マスター拘りの『シーフードカレー』はコクが溢れた甘さの絶品で、食後のコーヒーも息が抜けるものでした💛 久々にゆっとり時間でした! 尚、手土産はバス待ちに天満屋地下にて見つけた『天満屋饅頭』… 優しい味です(^^)💛 この催しは12/10(金)にも実施されます。岡山市内のみならず、岡山市から渋川や勝山や牛窓や倉敷や湯郷や児島へも無料で行けますから今から計画すると楽しめますよ!(宇佐美慶人)

■天満屋8:00発の 岡山自動車道経由 勝山行は、天満屋の時点で満席御礼になり、岡山駅では10数名ほどが乗車できなかったとTwitterで見かけました。(松田和也)
■法界院、15人も並んでる。岡山市バス路面電車無料デー!(岡將男)
■岡山瀬戸間で観察する限りバスの利用客は非常に少ない。時間が3倍ほど違うものね。鉄道が強いのは間違いなく、岡電とかすごく乗っている印象。
■下市で、湯郷林野行きの広域バスを追い抜いたけど、無料じゃないはずだが十数人の乗り込み。波及効果と見た

報道
岡山市の路面電車・バス無料デー前に準備 新着2021-1126 NHK
28日、岡山市内を走る路面電車とバスがすべて無料になる取り組みが行われるのを前に、路面電車を運行する会社では、車内に無料を知らせる紙を貼ったり、運賃箱を紙でふさいだりして準備を進めています。岡山市では、新型コロナウイルスの影響で利用者が減少している路面電車やバスの利用を促そうと、28日と来月10日の2日間、市内を走るすべての路面電車やバスが無料になります。これを前に、26日、路面電車を運行する会社では、運賃箱に間違ってお金を入れないように投入口を紙でふさいだり、運賃が表示されるパネルに無料を知らせる紙を貼ったりして、準備を進めていました。また、無料化の費用はすべて岡山市が負担することから、利用者数を正確に把握する必要があるということで、乗車口に整理券を準備していました。岡山電気軌道の岡本拓也さんは「コロナが落ち着いて、利用客は増えてきていますが、コロナ禍の前と比べるとまだ少ない状況です。今回の取り組みをきっかけにふだんあまり電車やバスを使わない人も利用頻度をあげてほしいです」と話しています。

 

「第15回 全国路面電車 サミット 長崎 2022 」
~地域共生 社会での 路面電車 の 関わり ~(仮題)
 
参加ご希望の方は、RACDAまでご連絡ください。私は行けそうもありませんが、12月2日に参加登録しますので、それまでにご連絡ください。詳細 2021-10_長崎summit案内
なおLRT都市サミットについては、別途長崎市ホームページから申し込み下さい。
〈URL〉 http://nagasaki lrt.com

本サミットについては、近年「LRT都市サミット」の開催に合わせ開催されるようになり、今回も「LRT都市サミット 長崎2022 」が 別紙の要領( 参考資料 提供 :広報ながさき 11月
号 ・長崎市公共交通対策室 )で 長崎にて開催されます。
来年秋には西九州新幹線の 部分開業 を控え、長崎の鉄道事情も大きな変革期を迎えております。さらにコロナ禍において公共交通機関と地域との共生など、路 面電車に限らず 他 の 公共交通との連携など も、 大きなテーマになっていくものと思います。この機会を活用し、愛好団体や事業者、行政による貴重な意見交換の場を提供できるよう企画しております。
また、付帯する催しとしては「懇親会」会費 5,000円程度 も計画しており 、 参加者には詳細を 2022年1月上旬までにご案内いたします。
日時:令和4年 1月 30日(日) 10:00 13:00 参加費 1,000円(資料代)
場所:長崎市民会館6階 第 9・ 10会議室
(長崎市魚の町 5 1)長崎電気軌道「市民会館」下車徒歩 1分
演目 活動報告 、 トークセッション 、 資料展示 など

【お問い合わせ・連絡先 】長崎路面電車の会 事務局担当:桑原 淳志〈Mail〉j4kuwa8a@gmail.com

牛窓・犬島に行こう、岡山市バス路面電車無料デー11/28・12/10
岡山市は11/28(日)と12/10(金)に公共交通コロナ支援のため、バス路面電車無料デーを実施します。着発いずれかが岡山市の路線は全線無料になります。
路線バス・路面電車の運賃無料DAY実施します! | 岡山市 (city.okayama.jp)
岡山市公共交通マップ

この機会を利用して、今回バス路線廃止が予定されている犬島方面の宝伝線、さらには牛窓線の乗ってみませんか。
また牛窓や西大寺から、岡山市内のたとえば天満屋にも行ってみませんか。
牛窓では早くも、酔いどれイベントとか、企画されていると聞きます
この際、西宝伝港から犬島に渡り、精錬所美術館を見学して、四国汽船の船で豊島・直島に回ることも出来る
犬島の海水浴場でボーッと瀬戸内海を眺めるのは、何よりの命の洗濯、島や牛窓には猫がたくさんいて癒やされる。
備讃瀬戸アクセスマップ 岡山・西大寺・牛窓・犬島 2021-1110oka-inuA4-MUDAY

古墳めぐりにもバスは使えます
両備バス西大寺線曹源寺から操山山系の古墳、帰りは沢田に降りて旧2号線の髙谷あたりから岡電・宇野
また宇野バスネオポリス方面に乗って、赤磐市の新道穂下で降りて両宮山古墳周辺散策。
備中山茶臼山古墳などには、中鉄バス中川橋や岡電バス花尻線の尾上しもで下車、吉備線などで帰ってくる。
備古墳図鑑サイト 資治通鑑日本語訳 古墳時代対応情報 (memo.wiki)
備前古墳図鑑    2021-0206kibikofun-bizen-dsn.pdf
備中古墳図鑑    2021-0206kibikofun-bitchu-dsn.pdf
備前
バスアクセス  2021-1114備前古墳図鑑バス

山歩きにも使えます。
 岡電三野岡大方面の路線から、半田山山系に分け入る
宇野バスで四御神線脇田で降りて賞田廃寺あたりで降りて、龍ノ口山山系、帰りは北側に降りて、牟佐あたりから宇野バスで戻る
ヤマレコ – 登山やハイキング、クライミングなどの記録を共有できる、登山の総合コミュニティサイト (yamareco.com)
町歩きプラン
岡山城や後楽園、美術館めぐりなどに、路面電車・バスは使いたい放題です
一日中、ふらりとバスに乗って、降りて歩き、様々訪ねてみる一日にしてはどうだろう
途中気に入った店があれば食事して、ビールもお酒もワインも飲めるよ
JRは今回対象ではないが、うまく組み合わせて、この機会に訪ねてみては。

第18回 全国バスマップサミット in いわて滝沢
前回岡山大会から2年、関係者のご努力により、開催の運びになりました。ご苦労様でした。

■ 開催日時   2021年12月4日(土) 13~17時
■ 開催場所   ビッグルーフ滝沢(岩手県滝沢市下鵜飼1-15)   ※詳細:https://bigroof.jp/
■参加費・申し込み方法
現地参加券:無料    peatix申し込みサイト  https://peatix.com/event/3062250

※現地参加をご希望の場合は「参加券」を選択して下さい。
※「参加券」は、コロナウイルス対策での人数制限による人数確認にも使いますので、
参加できなくなった場合は必ずキャンセルをお願いいたします。
マスク着用、検温等の新型コロナウィルス感染症対策にご協力いただけない場合は、参加をお控えください。
 ※名刺を1枚ご用意下さい。
■オンライン参加券:無料
※オンライン参加をご希望の場合は「オンライン参加券」を選択して下さい。
※オンライン参加券では講演(13:00~15:15)が聴講できます。トーク企画は聴講不可です。

■プログラム詳細
——————————————————————————————
2021年12月4日(土)
※12:30 開場・受付開始(予定)  ◇バスマップ・ポスター展示◇
11月23日~12月4日 ギャラリー(バス待ちスペースに併設)
◇講演(事例紹介)◇ 13:00~15:15 小ホール
『岩手県内の公共交通政策の概要と経緯・現状』
登壇者 岩手県、滝沢市、盛岡市、岩手県立大学、全国バスマップサミット関係者
◇休憩◇ 15:15~15:30
◇トーク企画(パネルディスカッション)◇ 15:30~17:00 小ホール
『公共交通の現実と向き合う -課題が指摘され続けても変えられないこと(仮)-』
登壇者 滝沢市、北上市、岩手県交通、岩手県北自動車、全国バスマップサミット関係者
※新型コロナ対策として、懇親会は行いません。
——————————————————————————————
【開催趣旨】
第18回全国バスマップサミットは、岩手県滝沢市で開催します。滝沢市は、盛岡市に隣接するベッドタウンとして発展し、2014 年、旧滝沢村が単独で市制施行した事例として知られます。滝沢村は当時「日本一人口の多い村」で、“村”であることが地域のイメージ形成の一部として機能し、良好な住環境を印象付け、人口増加の一因ともなってきました。ニュータウンの他、市内には大学も立地することから、盛岡市との間でバス交通が充実しています.また、第三セクターであるIGR いわて銀河鉄道が通っていることから、行政と事業者が連携した公共交通政策が取られており、様々な利用促進策も行われています。

第18回全国バスマップサミットは、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、当初予定されていた2020年11月から延期となっていましたが、感染症対策を行ない、プログラムを大幅に見直すことで、本年度の開催を目指します。

コロナ禍で全国の公共交通事業者は筆舌に尽くし難い困難に見舞われており、地域の生活交通を維持するため、涙ぐましい努力がなされています。日本の公共交通サービスのなかでも乗合バス事業は、地域社会のモビリティ確保するうえで、最前線に立っています。しかし、その事業環境が必ずしも潤沢ではないことは明らかであり、とくにコロナ禍によって、その社会的な仕組みそのものが疲弊し、崩壊寸前です。たとえば、乗合バス事業者にとって、収益の柱となっていた高速乗合バス路線の多くが運休を余儀なくされるなか、不採算の一般路線バスの維持が困難となってきています。一方で、乗合バスに限らず、日本の公共交通サービスを維持するための仕組みは、原則、独立採算の営利事業として位置付けられており、それが限界に達している可能性は、これまでもたびたび指摘されてきました。このたびのバスマップサミットでは、この“課題が指摘され続けても変えられないこと”について、率直な議論を展開します。

バスマップは、わかりにくい“公共交通に関する情報”の象徴です。線的にネットワークを有する鉄軌道に比べ、面的なサービスを展開する乗合バスは、どうしても路線網が複雑になりがちです。なにより“どこを走っているか”を示すバスマップは、人々が移動するうえで、もっとも基本的な情報です。バスマップサミットはこうした理念にもとづき,乗合バスを中心とした公共交通の利用促進を図り、地域社会のモビリティを確保するため、議論を重ねてきました。そもそもバスマップを作成し、公開することは、人々の円滑な移動を促進させるためのものです。バスマップサミットが目指すものは、地域社会のモビリティ確保です。必ずしも自家用車に頼らない、シームレスな移動やそのための情報提供を目指しています。紙媒体のバスマップに限らず、公共交通についての情報提供のあり方を通じ、誰もが使いやすい仕組みづくりを考えます。

主催:全国バスマップサミット実行委員会
協力:岩手県立大学、株式会社玄、駒澤大学応用地理研究所、他(調整中)
後援:国土交通省東北運輸局、岩手県、滝沢市、盛岡市、北上市、
岩手県交通株式会社、岩手県北自動車株式会社、ジェイアールバス東北株式会社、
IGRいわて銀河鉄道株式会社、公益社団法人岩手県バス協会、
一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議、他(調整中)

富山新聞「わが列車わが鉄路」刊行。
JR西日本は吉備線同様に、高岡駅から出る城端線・氷見線のLRT化による存続を提案した。
だがコンパクトシティとセットの富山ライトレールや環状線のイメージから、地元では懐疑論もある。そこで同様の問題を克服した福井のえちぜん鉄道と福井鉄道相互乗入れによるLRTの本質の本質に迫る力作。
日本初の「交通」を標榜した富山大学都市デザイン学部都市・交通デザイン学科の監修。毎週のRACDA全国Zoom会議議論、さらにはコンパクトシティと路面電車が議論された岡山の現状もふまえて執筆。
多くのマスコミもLRTとは低床路面電車だと誤解しているが、実は高床電車でも、頻繁に走り、ランデブー拠点でスムーズに乗り帰れ、パターンダイヤで気軽に利用できれば良い。
ただ福井のように、郊外を走る鉄道が市内に乗入れれば、郊外の高校生がドンドン都心に通う。逆に郊外にある高校にもあちこちから通うようになる。バリアフリーの低床電車の威力を発揮する。
クルマの使えない高校生に便利な町でなければ、その町に将来はないだろうと、年の近い大学生の思いをもぶつけた本になった。
出版のきっかけの一つは、呉西地区交通まちづくり市民会議での議論には、地元高校生も調査に参加した。このモデルは岡山の西大寺活性化協議会にも使えるだろうし、赤穂線沿線の瀬戸内市や備前市、さらには吉備線沿線にも使えるだろう。
RACDAでも取り扱う、税込み1650円に郵送料180円、メールいただければ振込票とともにお届けします。まとめ買いの場合はご連絡ください。
メール okj165@poppy.ocn.ne.jp

全国路面電車ネットワーク調べ 2021-1027

 

自由自民党

<社会資本整備>・道路整備について必要な予算と財源を確保し、国土幹線道路ネットワークの構築や老朽化対策~。

・コロナ禍により深刻な影響が続く鉄道事業者の安定的な事業継続を支援し、鉄道ネットワークの維持、活性化を図る。

・感染症の拡大や自然災害、人口減少・高齢化により危機に瀕するバス・タクシーや鉄道等の安定的な事業継続に向けた環境を整備し、地域の移動を支える地域交通や都市を結ぶ高速交通ネットワークの維持・活性化、地域での連携・協働の支援に取組む。

・地域における駅や生活道路等のバリアフリー化に取組むと共に、事故の多い踏切における、安全性と交通の円滑化を両立させる踏切信号の設置を進める。

・交通・物流・インフラ分野のデジタル化とその技術を活用したまちづくり、MaaS等の新たなモビリティサービスの導入推進。

 

公明党

<持続可能なまちづくり、地域公共交通活性化、高齢者等の移動支援>

・移動環境を創出させるためMaaSを推進

・より利便性の高い・地域公共交通事業者、高速バス・貸切バス事業者への支援策の継続推進

・ポストコロナ時代を見据えた地域公共交通サービスの活性化・持続可能性の確保、まちづくりと一体となった取組みの推進

・デマンドタクシー利用補助やバス・タクシー・鉄道等の割引等、自治体や交通事業者と連携した取組みの拡充と社会保障としての一体的な支援

・地域特性に応じた電動低速モビリティ(グリスロ)の活用推進

・「道の駅」を拠点とした自動運転による新たなモビリティサービスの導入と路線バス等を活用した貨客混載や共同配送の推進

・ラストマイル自動走行の実用化、普及を促進するため、2022年度をめどに限定エリア

・車輌でのレベル4での自動運転サービスの実現

<バリアフリー化>

・鉄道駅および駅周辺のバリアフリー化推進と関連する設備等の整備

・「障がい者用 ICカード」「特急車両の車いす用フリースペース」導入の早期実現

 

立憲民主党

<まちづくり>

・低炭素化を推進するため、路面電車からLRTへの転換や ITSの普及に努め、自動車流入規制

・ロードプライシングのあり方の検討を進める

<交通・物流>

・「交通政策基本法」に基づき、徒歩、自転車、自動車、鉄道車両、船舶、航空機その他の交通手段が、それぞれの特性に応じて適切に役割を分担し、有機的かつ効率的に連携する中で、国民が自由に選択し円滑に安全に利用できる環境を目指す

・バリアフリー法に基づき、道路・交通機関での整備水準を高めバリアフリー化を推進。「交通政策基本法」を生かし、地域公共交通が維持され、公共交通が便利で移動が円滑な暮らしの実現

・低料金でドアツードアの乗合タクシー(デマンドタクシー)、コミュニティバスなどを、国の基準の見直しや予算措置で強力に支援

<総務・地方分権>

・エネルギー事業、公共交通事業、上下水道事業の安定化、サービス向上を実現(日本版シュタットベルケ)

 

日本共産党

<地域公共交通>

・地域公共交通を地域住民の移動権を保障する制度として位置づけ

・財源の確保 現行の年間約200億円強の予算を 1,000億円に増額

・運営体制を自治体主体の事業制度への変更を検討

 

国民民主党

<国民と国土を危機から守る>

乗合いタクシーの普及支援・デマンドタクシー、コミュニティバスなどを、国の基準の見直しや予算措置で、強力に支援

 

日本維新の会

<運輸・交通>ライドシェアにおける複数の交通サービスをITで統合し、MaaSをより一層推進

コロナ下、RACDAの全国Zoom会議1年 NPO法人公共の交通ラクダ 岡將男
当日発表資料pdf   PP2021-0718RACDAのZoom会議発表

はじめに

RACDAでは毎週火曜の幹部会をコロナ下でZoom化し、全国の関係者に呼びかけて拡大開催。今年5月末までに57回開催。コロナ禍の影響分析と情報公開、ロビー活動の作戦会議。毎回平均20名が参加。札幌から沖縄まで、大学教授4人、市民団体8人、学生・研究者・コンサル・新聞記者・国会議員など多彩で自由な意見交換の場が誕生。以下はRACDAホームページに掲載の抜粋。

 

1.新型コロナウィルスによる交通崩壊を防ぐための緊急アピール 2021-0417

地方の電車バスの部分について、全国的な支援体制を組む必要があると議論を開始。

★全国的交通崩壊の危機が伝わらない、事業者が危機だと言えない5つの理由

原因1  民間事業なので、信用不安が怖い

原因2  今まで行政の支援を沢山受けてきて、言いにくい

原因3  全業界が打撃を受けているので、自分たちだけ言えない

原因4  運輸局や国には財政支援など、相手にしてもらえないと思っている

原因5  民鉄協会、バス協会ともに地方には向いてくれないと思っている

事業者自身が危機を訴えないと、マスコミも社会も受止めない。勇気を持ち数字を示すべき。

★2021-0417緊急アピールの内容 まず岡山にて記者発表、48団体、各地で提案・会見

1.アメリカの公共交通支援250 億$の様に資金面での全面的な公的な支援を至急対応すべき。

2.事業継続が困難となった事業者は、一時、国有化、公有化も選択肢と考えるべきである。

3,全国交通事業者は4/15現在の前年対比売上を公表し、至急全国民に窮状アピールするべき。

★2021-0424緊急提言「社会崩壊を招く『交通崩壊』を防ごう!」 1000人Zoom会議 2021-0424

5/29 続・緊急フォーラム、バス車内用ポスター

★2021-0430 JCOMM特設ページ開設、0602緊急会議online『緊急メッセージ』『報告書』

★3つのホームページがゆるく連携して、それぞれデータ収集、ロビー活動を展開

 

2.全国路面電車ネットワークホームページの新設

★コロナ禍・全国交通事業者影響調査 公共交通(電車バス)への影響の報道などを収集。

コロナ禍交通影響リストpdf  10/19更新  RACDA大阪・堺調べ

コロナ禍公共交通減収額は最低3.5兆円 JCOMM

交通事業者、半数が倒産危機8月までに 必読 5/27共同 JCOMMアンケート

中国地方公共交通コロナ減収試算 必読 5/26 呉高専HP

地方交通のコロナ赤字346億円/月で経営危機―4月から半年2076億円支援提言―地公研  5/26

★コロナ禍・各地運行情報 公共交通(電車バス)の各地運行情報などを収集。

【北海道】北海道全体 運休・減便 NPO法人ゆうらん  随時更新 事業者URL

【東海】東海地方の公共交通_コロナウイルスの影響による運休状況など 路線図ドットコム
【岡山】岡山県内電車バス運行状況 松田和也 公共の交通ラクダ(RACDA)

【広島】広島県バス協会 新型コロナウイルス感染拡大に伴う減便・運休のお知らせ

★コロナ禍・頑張る交通事業者 松原光也 ROBA・KOALA・RACDA大阪堺

★コロナと共存・公共交通運営マニュアル集

交通崩壊を防げ!  バス車内用ポスターダウンロード

JCOMM コロナ特設ページ

都市封鎖下における国民と経済への支援策 2020/4/17  VINCENT・藤井由実

日仏:公共交通機関でクラスターが発生しないわけ2020/7/4 翻訳: 孕石直子、監修: 伊藤昌毅

クルマ社会米国に充実した公共交通:2兆ドルのインフラ計画の真意  2021/4/6

★交通事業者への自治体支援メニュー一覧表 (交通崩壊を防げ!参照)RACDA調べ

全国729自治体が、コロナ禍のもとの公共交通支援に乗り出した、319億円が判明2020-1211  8/19版から、RACDAがほぼ毎週更新して10/31まで。支援規模の把握は他には無い

 

3.コロナ禍後に向けての提言

★2020-1115「コロナ禍後の地域公共交通の方向性」ver2を記者発表

「地域公共交通支援求め提言書、市にRACDA」 11/21  山陽新聞社

「路線バス網維持へ早期の公費負担を 岡山のNPO提案」 11/21 日本経済新聞

学割負担などを軽減しバリアフリーなど公的負担を拡大し、将来的な財源確保・制度改革を提案

★2021-0420地域公共交通計画による情報公開等調査ver3 新潟 佐藤輝和

会議公開比率:43.82% 議事録公開比率:20.22% 市民参加可能比率:21.35%

公共交通マップ製作予定比率:68.54% 協議会運営等委託業者公開比率:38.20%

税金投入拡大の前提として、事業者の情報公開、自治体の計画能力の充実が求められる。

 

4.おわりに

会議前半は開催できなかった全国バスマップサミットメンバーの交流の場として提供。特にゲーマー用SNSのDiscordメンバーはほぼ20代。デジタルバスマップ自動発生プロジェクトから、バス情報全体についての深い議論が行われている。9時からの後半は全国路面電車ネットワーク旧来のメンバーによる平均60代の会議だが、前半参加者も傍聴し、ある種の研修の場にもなっている。Zoomの利用により、今まで年数回しか会えなかった公共交通支援全国ネットワークが活性化し、運動として新しい段階を迎えたと言える。

 

キーワード アフターコロナ、協働、バスマップ

ローカル路線バスの旅Z 第16弾 岡山後楽園→山口錦帯橋」の正解ルートを考える。逆回りで成功するか 新着2021-0608タビリス
身近な岡山県内の路線から始まる今回の旅。四日間で岡山後楽園から、尾道、出雲を経由して、広島から岩国を目指す。まず一日目の岡山から北に行くか、東に行くかでまず大きな決断。岡山のバスマップを作ってきた我々でも、全部のコミバスまでは把握できていないが、岡山から鳥取に抜けるようなバスまあないのは知ってるから、ハラハラドキドキ。岡山駅では岡電の案内所に行くところが笑えた。
結局1日目には電車で1時間の笠岡までしか行かれず、2日目はドンドン乗り継げて、おまけに三次からコミバスの乗り継いで出雲まで行けてしまうハプニング。この番組は、デマンドタクシー、デマンドバスは「公共交通」と認めていないのがよくわかる。なんとデマンドやめてコミバス転換したところに当たるという幸運。それにしても、コミバスの1日3便の多いこと。やはり5便は欲しいね。コミバスが通学や通勤を全く想定せず、病院と買物だけを考えている。出雲で3日目には同じルートで三次まで戻る。あとはトントン拍子に広島を通過するが、広島県境から山口県境は歩いて越える。市や県が違うと、見事に連携しない、コミバスや路線バス。これは見事すぎるくらいの行政側の「生活交通」しか考えない姿勢を表わしている。生活圏を意識したら、こうはならないだろうに。
番組のホームページ

いまここまで出来るぞと言う、深圳の交通管制の動画
The City with 16,000 Electric Buses & 22,000 Electric Taxis | 100% Independent, 100% Electric – YouTube
日本では道路交通だけは県警が管制しているが、せいぜい渋滞を感知して信号を多少変更しているだけ。
だが本来は渋滞状況に応じて、公共交通情報として電車バスの増便、運賃変更も行うべきだろう。
ソウルのBRTには交通管制センターがある。


岡山駅バス時刻表