コロナ禍・全国交通事業者影響調査


★公共交通(電車バス)への影響の報道などを収集。

全国中小私鉄等のコロナ影響状況 随時更新  RACDA大阪・堺調べ 

交通の経営維持のための経済支援まとめ 必読 随時更新

 自治体支援参考事例←絶対に見ること 随時更新 新着

コロナショック「JR北海道・四国・九州」が受けた大打撃の中身 新着 6/4 Gendai.Ismedia

損失「とてつもない規模」 あえぐ交通事業者 新型コロナの交通崩壊 乗り越えるには 新着6/2 Yahoo!

交通事業者、半数が倒産危機8月までに 新着 5/27共同 JCOMMアンケート

中国地方公共交通コロナ減収試算 新着必読 5/26 呉高専HP

地方生活交通のコロナ赤字346億円/月で経営危機!―4月から半年2076億国の支援提言― 地公研 新着 5/26  


<コロナ禍どう臨む>地域の足 国は支援を 北海道バス協会 新着 6/4 北海道新聞  

「地域交通が崩壊しかねない」 富士山5合目への県道・通行止め解除を要望 新着6/3 Yahoo!

中国地方・交通事業者収入9割から4割減少 新着 6/3 NHK広島

岡山市を循環するバス「めぐりん」一時的な事業規模の縮小で、5月末までに運転手20人が解雇または自主退職 新着 6/1 KSB youtube

福鉄、えち鉄 先行連携 資材共同調達へ覚書 地域鉄道一体的経営  三セクは開業後に 新着6/1 中日新聞

社説:公共交通の苦境 地域の足をどう支えるか  新着 6/1 信濃毎日新聞

社説:コロナ禍の鉄道 地域で支える方策議論を 新着 5/31 京都新聞

タクシー3社運転手100人解雇 5月末に八晃運輸 コロナで客激減 新着 5/30 山陽新聞

宮交HD50億円融資枠 宮銀設定、影響長期化備え 新着 5/30 宮崎日日新聞

臨時交付金で鉄道バス支援 国交相、自治体に促す。新着 5/29 山陽新聞・共同

長野電鉄、20年3月期純利益半減 新着 5/29  日経

松本市、アルピコ交通に2億円弱助成へ 赤字の一部補塡 新着5/28 信濃毎日

地方バスや鉄道を補助金で支援へ運行の維持に100億円超 新着 5/26共同 国交省関係影響調査4/30 内閣府地方創生臨時交付金事例集

コロナ禍の地方鉄道生活の足、総力戦で守ろう 新着 5/25  福井新聞論説

京滋のローカル線苦境 5/22 京都新聞 

新幹線より赤字改善、JR四国 5/20  共同通信

JR北海道今期200-300億円減収か 5/20  NHK 

右手に新型コロナウイルス対策、左手に算盤を持って! 5/19  両備グループ 9月収束でも交通事業90億の赤字

「けんちゃんバス」の丸建自動車、路線バス会社初のコロナ関連倒産 5/19  yahoo

十勝バス社長インタビュー  5/17  十勝毎日新聞

JR西日本、社債発行1900億円調達 手元資金積増 5/16  日経 

アルピコ交通と長電バス 自治体に公的支援要請 5/13  長野毎日

ふれ愛交通が倒産 コロナ影響タクシー初 5/13  時事通信

JR東日本 4月の鉄道事業収入 約1000億円減少の見通し 5/12  NHK

訪日客頼み一転…コロナ、リニア計画見直懸念 JR東海の憂鬱 5/9   産経

JR四国、コロナで業績悪化 4月の損失「残り11カ月で補えない」 5/8  日経

「地域の足」黄信号 通学生高齢者激減 減便廃線懸念 5/8   北海道新聞「3月4割減、死活問題」十勝バス

コロナ危機「地方交通」、乗客大幅減で「生活の足が奪われかねない」 5/5  東洋経済

「台風が毎日通過しているよう」 運休・減便、事業者は交通網維持に苦悩 5/4  京都新聞

バス業界はコロナでピンチ高齢化が進む日本の「移動」をどう守る?緊急提言へ  4/24   ベストカーweb 

■路線バス大ピンチ 現実味帯びる「交通崩壊」防ぐために    4/30 yahoo!    緊急提言紹介とバス各社取材

バス会社の廃止や休止 20社に  4/30   NHK 首都圏    関東の貸切

■JR四国、一時帰休 駅中心に1日150人規模  4/28 日経 現状は90%減

■JR東日本が530億円最終赤字、駅ビル・鉄道利用客減  4/28   TBS 1月ー3月連結、前年から755億円減、530億円の赤字

■JR東海10期ぶり減収減益3月期、新幹線の利用低  4/28  中部経済新聞 リニア工事半数休止 金子社長「底が見えない」

■叡山電鉄が土日・祝日25%減便 外出自粛で週末の乗客8割減、29日から 京都新聞 4/26

広島電鉄減便速報  4/24  中国新聞    路面電車の全路線の便数を29日から24~39%減らすと発表。

JR九州 4月鉄道収入7割減 社員の一時帰休検討 駅ビル家賃も減免・猶予 4/22        

■独自取材 天竜浜名湖鉄道、4月の動向をみると、20日までの暫定値ではあるが、定期外収入は対前年比35%程度、全体では対前年比収入ベースで40%程度に落ち込んでおり、今後更に落ち込む見通し。」

JR北海道も頼みの綱の非鉄道事業に急ブレーキ  稼ぎ頭の商業施設休館

3月の函館市電利用大幅減 4月も危機感 4/21  函館新聞電子版

バス、タクシー協「経営支援を」 業績悪化で岡山県に要望書 4/21  山陽新聞

JR九州、在来線の全特急を運休 5月2~6日、自粛要請受け  4/21  毎日新聞

高知県バス協会の発表 四国バス協会HP 高知県へ支援を要請

交通、観光業、懸念の声続出 新型肺炎、札幌で連携会議

浦河のバス運行会社 肺炎拡大で業務休止 味十商事

JR北海道 一時帰休 1450人が対象 窓口や運転士 5~7月

バス最前列席使用禁止に 道北バスと旭川電軌 運転手の感染防止へ

JR北海道一時帰休、労使が合意

JRの経営 気がかりな再建の行方

ひたちなか海浜鉄道など4社が茨城県に支援要望     日本経済新聞 4/17

JR四国、4月前半の利用7割減 定期列車減も検討 社長「会社発足以来、最大の危機」日本経済新聞 4/17

JR四国新型コロナウィルス感染症による影響と対策  JR四国プレス資料 4/17

抜粋  前年対比運賃収入 1月98%、2月84%、3月48%、4月1日~7日37%、4月8日~15日26%

銚子電鉄、存続の危機…乗客8割減・2駅で窓口業務休止 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、千葉県銚子市の銚子電鉄が列車の本数を約3割減らして運行している。乗客数も落ち込んでおり、経営難が続く同社は「一日も早く収束してほしい」と願うばかりだ。

 銚子電鉄は、銚子駅から外川とかわ駅までの6・4キロをつなぐローカル線。上下計48本を運行していたが、千葉県を含む7都府県を対象に緊急事態宣言が発令されて乗客が減ったことを受け、今月11日に朝夕を中心に計14本の運休に踏み切った。同社によると、乗客数は昨年同時期に比べて8割ほど減少。5駅ある有人駅のうち、2駅の窓口業務を15日から休止した。同社の担当者は「このままでは会社の存続も危ぶまれる」と不安を語った。

滋賀・帝産湖南交通、路線バス4割減便 新型コロナで  関西で初  4/13  日本経済新聞

利用減、山陽83%北陸86% JR西日本の新幹線  4/10   共同通信

救済策は?コロナ禍で地方交通が壊滅的危機  「緊急時も公共交通は維持」と国は言うが…    4/9 東洋経済オンライン

(抜粋)「このままの状況が今年9月まで続くと、あらゆる対策を講じても4~9月の半年で生活交通事業は前年比16億円の減収で収入28億円、経常損失12億円に転落する。収入額の4割程度に相当する経常損失では、会社が持ちこたえるのは極めて困難です」(小嶋光信氏・両備グループ)

福井県内の鉄道、利用者4割減 休業企業への助成も   3/30 日経

■乗合バス影響状況調査     3/24   全国バス協会の自民党バス議連への陳情資料より

全国198事業者 3月3日―3月6日の予測資料

一般路線バス 前年比85.7%   高速バス 前年比70.6%  (観光自粛のみの段階)

全国乗合バスの規模 ●事業者数 2,279事業者(内公営24)

  • 従業員数 125,611人(内運転者84,224人)●車両数 60,522両
  • 輸送人員43億4,200万人(内高速バス輸送人員 1億458万人)●営業収入9,497億7,500万円

新型コロナウイルスで乗客激減 路線バス運行5社が税減免などを大西熊本市長に要望【熊本】       3/23 テレビ熊本

新型コロナウイルスの影響で乗客が減っているとして県内路線バスの運行会社5社が23日、熊本市の大西市長に要望書を手渡しました。5社の代表が熊本市役所を訪れ「今月の乗客は去年3月と比べ30%減り2億8000万円あまりの減収となる見込み」と説明。大西市長に各種税金の減免や減収分の補助などを求める要望書を手渡しました。大西市長は「皆さんは共同経営に向けて取り組んでいる重要な時期。地域の足を守るためにもできることをすべてやりたい」と話しました。


岡山駅バス時刻表